アニメソング

「樫の木モック」の歌

10年以上探し求めていたデータを手に入れました!

結論
「岸さんは『モックと遊ぼう-樫の木モック・ヒット・ソング集-』KKS-4057(1972/9)には
参加されていません!!!」

探し続けたLPが、全く関連なかったとは~、ショックだ~(苦笑)
(いやいや、なんとなくそんな気はしていたけれどね)

せっかくなので、LPジャケット内に書かれてあるデータを残しておきましょうね。

1面
1.樫の木モック
    歌/小野木久美子、コロムビアゆりかご会
    作詞/丘灯至夫 作編曲/越部信義
2. 人形の国へ行こう
    歌/丸山裕子、コロムビアゆりかご会
    作詞/丘灯至夫 作編曲/越部信義
3. ぼくらは友だち
    歌/丸山裕子、肝付兼太、コロムビアゆりかご会
    作詞/石森史郎 補作詞/丘灯至夫 作編曲/越部信義
4. モックのひとりごと
    歌/丸山裕子
    作詞/森忠明 補作詞/丘灯至夫 作編曲/越部信義
5. 悪魔の唄
    歌/はせさんじ、ムーン・ドロップス
    作詞/丘灯至夫 作編曲/越部信義
6. ゴーゴーモック
    歌/小野木久美子、コロムビアゆりかご会
    作詞/丘灯至夫 作編曲/越部信義

2面
1. 僕は悲しい木の人形
    歌/小野木久美子、ムーン・ドロップス
    作詞/丘灯至夫 作編曲/和田香苗
2. モックさんモックさん-モックをだまそう-
    歌/ハニー・ナイツ
    作詞/丘灯至夫 作編曲/越部信義
3. 旅ゆくモック
    歌/小野木久美子、ハニー・ナイツ
    作詞/丘灯至夫 作編曲/越部信義
4. 許してねお爺ちゃん
    歌/小野木久美子、ムーン・ドロップス
    作詞/丘灯至夫 作編曲/越部信義
5. モックのチャチャチャ
    歌/丸山裕子、ムーン・ドロップス
    作詞・作曲/吉田竜夫 編曲/越部信義
6. モックのクリスマス
    歌/小野木久美子、コロムビアゆりかご会
    作詞/丘灯至夫 作編曲/越部信義

こうしてみると、何故、岸さんの名の紛れ込んだデータが存在するのか、そっちの理由の方が気になる(笑)

そして、よく見ると、岸さん参加データの方と、LP収録曲のデータは、曲名が同じなのに、作詞家が違う…。
どういうこと?
やっぱり、別ヴァージョンがあるのだろうか???
新たな謎が産まれてしまった…。


<過去の投稿>
2008年3月5日 by Kaname

「モックと遊ぼう 樫の木モック ヒット・ソング集」 KKS-4057 (1972/9)には、以下の歌たちが収録されているらしいです。

人形の国へ行こう
歌/岸龍也、コロムビアゆりかご会
作詞/丘灯至夫 作曲/越部信義

ぼくらは友だち
歌/岸龍也、肝付兼太、コロムビアゆりかご会
作詞/木島始、山本映一 作曲/越部信義

モックのひとりごと
歌/岸龍也
作詞/田沼勝美、山本映一 作曲/越部信義

モックのチャチャチャ
歌/岸龍也、ムーンドロップス
作詞/横山陽一 作曲/広瀬健次郎 編曲/越部信義

1972年9月に発売されたレコードに収録ということは、こおろぎ’73としてのデビューより前に、岸さん単独で歌われたことになるわけですが、ご本人には、その記憶が全く無いそうです(え)
本当に、岸さんが歌われているのでしょうか?
同姓同名だったりはしないでしょうか?
ちなみに、このレコードはレアすぎて見つかりません。たまにオークションに出てきても、とんでもない値がついてしまうので、とてもじゃないけど買って聴いて確かめることができません。

ところで…、丘灯至夫さんの40周年を記念して発売されたアルバム(LP「ねこふんじゃった~こどもの歌アルバム」(CS-7132)等)に付いている作品データに、モックの歌についても載っているのですが、そこにある歌唱者名に岸さんの名がありません。
一覧では、こうなっています。(上記と違う部分は色を変えてます)

人形の国へ行こう
歌/丸山祐子、コロムビアゆりかご会 ※表記ママ
作詞/丘灯至夫 作曲/越部信義

ぼくらは友だち
歌/丸山裕子、コロムビアゆりかご会
作詞/石森章太郎 補作詞/丘灯至夫 作曲/越部信義
(※表記ママ)

モックのひとりごと
歌/丸山裕子
作詞/森忠明 補作詞/丘灯至夫 作曲/越部信義

(「モックのチャチャチャ」は丘氏に関係のない歌なので、一覧には載っておりません)

 

 

どうなっているのでしょう?
丸山裕子さんはモックを演じた声優さんなので、この方がモックの歌を歌うというのは納得できます。逆に、岸さんがモックの歌を歌うというのは、声とキャラが合っていないような気もしてきます。

覚えてらっしゃらない・丘灯至夫さんの作品データに名が無い・モックのキャラに思えない…という3つの理由から、本当に岸さんの歌なのかどうか疑わしくて、サイトの曲リストには入れていません。でも、検索してみると、岸さんの名で曲データを載せているサイトさんがチラホラあるんですよね。
作詞者が違うので、別歌詞のヴァージョン違いがあるということなのかしらん!?

謎解明のためにも、一刻も早くCD化してほしいものです。

(Special thanks : みいさん、岸龍也さま)

 


追記です。
コメント欄にも書きましたが、丘氏の作品データと、レコード収録曲とは別だと思って良いような気がしてきました。作中で声優さんが歌ったのと、レコード化されたときに歌手が歌ったのと、2バージョンあるのだろうと想像中…。
ちなみに、レコードに付いている丘氏の作品データは、こんな感じ。

0803_519

 

Kaname  2008-03-10 (月)
ちょっと気になること…。「ぼくらは友だち」の作詞者が石ノ森先生というところが引っかかります。
レコードに付いている作品データには、その当時に発売日前だった歌のデータも入れたようなので、実際に世に出た物とは著作権利者が違っている物もまぎれていたりして…?(疑)
まあとにかく、歌さえ聴くことができれば、こんな疑問は あっという間に解消されるんですけどね~。もし聴いたことがある方がいたら、報告をヨロシクお願いします。
Kaname  2008-03-12 (水)
しつこく、モック関連疑惑についてです。
「ぼくらは友だち」の作詞者、石森史郎氏のことなんじゃなかろうか…。こちらの石森氏は、モックの いくつかの話で脚本を書かれているので。同じく、森忠明氏も脚本を書かれています。
作中で歌われた歌をレコード化する際に、歌詞を変えて別歌手で録りなおしたのかなあ…???

Columbia Sound Treasure Series

月一ペースで発売されていってますね。楽しみ、楽しみ☆

Columbia Sound Treasure Series「忍者キャプター SONG & BGM COLLECTION」

Columbia Sound Treasure Series「キャンディ キャンディ SONG & BGM COLLECTION」

転職してからというもの、時間にも心にも余裕がなくなってしまい、サイトもブログも放置状態なんだけれど、欲しい物を心置きなく買える余裕ができたので、それでストレス発散しています。ええ、買いまくっていますとも(壊)

おれは鉄兵 オリジナル・サウンドトラック

こおろぎ’73ファン的には、ボーナストラックとしてコーラス入りカラオケの入っているところが嬉しいわけですが、ショップの紹介文に

【Columbia Sound Treasure Series】
過去に放送された数々の名作アニメのうち、未商品化・未CD化の「眠れる貴重な音源」を掘り起こしリリースしていく新シリーズ!
厳選されたタイトルを、定期的にリリースしていきます。
待ち望んでいたあの作品に出会えるかも!

という記述があって、こおろぎ’73抜きにしても期待が高まるのでありました。
どうか、数点だけで終わらず、末永く続くシリーズになってくれますように…。
Columbia Sound Treasure Series
「おれは鉄兵 オリジナル・サウンドトラック」

銀河疾風サスライガー

マック全開!
これまで聴いてきたカバー曲は原曲に忠実な歌い方をされていた(ように思えた)のに対し、この歌は大倉さんらしさが てんこ盛りのカバーですね。
「いまぁっ」のピッチと、「明日~は♪」の間の取り方が気になるといえば気になりますが…でも、そんなことはどうでもよくなるほど気持ちよいサビの伸ばし。「サスライガァ~~~♪」
「お~もい~は は~ぁるか♪」の部分だけ雰囲気を変えた気持ちよさげな歌い方で、フェロモンをむんむん発散されているところも美味しいです。
最後の「グッドラックッ!」のカッコつけ方も大倉さんらしくて…、聴いていてニヤニヤしてしまう歌でした。
こおろぎ’73歌唱曲なのだけど、ほぼ、大倉さんの独壇場。上野さんと津島さんは、バックコーラス部分のみでした。サビ前の「Do it!」は誰の声?

『銀河疾風サスライガー』OPカバー
歌/こおろぎ’73
作詞/山本優 作曲/山本正之

サンタが町にやってくる

サビから、ドラえもんの声のバックに、うっすらと正統派コーラスが聞こえはじめます。
「♪さあ あなたから~」と、一緒に歌い始めたら、気合でもって こおろぎ’73の声だけ聴き拾い、その響きに酔いしれるべし(ムズカシーイ)
ピンポイントで、「♪カ~ミン トゥ~タ~ゥン」の、ミのあたりのビブラートが好きです。その調子で、”タウン”で大倉さんの高音が目立ってしまうことを期待してしまうのだけど、編曲に阻まれて、こおろぎ’73は目立たないまま終わるのでした。

『ドラえもん』(新)
歌/大山のぶ代、こおろぎ’73
作詞/カンベ・タカオ 作曲/J.Fred Coots 編曲/青木望
「ドラえもんのクリスマス もうすぐお正月、ハットリくん」CZ-7204 (1982/12)