特撮ソング

Columbia Sound Treasure Series

月一ペースで発売されていってますね。楽しみ、楽しみ☆

Columbia Sound Treasure Series「忍者キャプター SONG & BGM COLLECTION」

Columbia Sound Treasure Series「キャンディ キャンディ SONG & BGM COLLECTION」

転職してからというもの、時間にも心にも余裕がなくなってしまい、サイトもブログも放置状態なんだけれど、欲しい物を心置きなく買える余裕ができたので、それでストレス発散しています。ええ、買いまくっていますとも(壊)

宇宙刑事シリーズ ソングコレクション ~FOR NEXT GENERATION~

宇宙刑事シリーズの歌がニュー・ミックスになって収録されるそうです。
日本コロムビアのサイト上で渡辺宙明先生の語られている映像を観ましたが、ニュー・ミックスはリミックスと違って、オリジナルのアレンジはそのままに、音の聞こえ具合に手を加えたものだそうです。ということは、これまでの音盤とは別の聞こえ方をするこおろぎ’73の歌声が聴けるということですね?

実際、映像の中にオリジナルとニュー・ミックスを聞き比べられる部分がありましたが、同じ音源なのに、かなりの変わりようで新鮮でした。平面だった音が立体になったかのような…、鳴っている楽器の位置が3D化して見えるように感じました。

ってことで、新しい聞こえ方に興味津々です。
2014年10月22日発売予定です。ヨロ。


宇宙刑事シリーズ ソングコレクション~FOR NEXT GENERATION~
COCX-38799/38800

ピンチはチャンスだ、チェンジマン

前奏、上野さんの「ピンチ、チャンス、ピンチ、チャンス」から始まります。女性の台詞に続いて、津島さんと二人で「ピンチ、チャンス、ピンチ、チャンス」。最後に大倉さんも加わって「ピンチ、チャンス!」…という風に、こおろぎ’73部分は一人ずつ増えていっているように聞こえます。
全体的に聞いてみても、「ピンチ、チャンス」としか言っていませんが、その元気っぷりは、まさに こおろぎ’73。

『電撃戦隊チェンジマン』
歌/KAGE
作詞/園部和範 作編曲/田中公平
名称記載無し
「電撃戦隊チェンジマン」CQ-7096 (1985/4/21)

「オリジナル原盤による 東映戦隊ヒーロー主題歌・挿入歌集 Vol.2」 56CC-2097/2098
「電撃戦隊チェンジマン コンプリートソングコレクション」 COCC-13831

たたかえ!バイクロッサー

正統派ヒーロー主題歌なので、作品を知らないと、よく分からない単語がチラホラ出てきますが、そこが良し?
まっすぐな歌声が二枚目王子様系ヒーローを思い起こさせるカバー版です。(実際のキャラがどうなのかは知りませんが)伸ばしの絶妙なビブラートが麗しい~(はあと)

『兄弟拳バイクロッサー』OPカバー
歌/大倉正丈
作詞/石ノ森章太郎 作曲/菊池俊輔 編曲/馬飼野康二
CTY-528 (1985/6/21)

スーパー戦隊バンバラバン

「バンバラバンバンバン♪」のフレーズに挟まれて、特撮作品の歌がダラダラとメドレーになっています。しかし…、この いまいちパッとしない雰囲気は、こおろぎ’73のせいじゃないです。誰が歌っても、こうにしかなりえない歌なのです。素人が真似ると、もっと酷いことになります(断言) もう少しテンポが速かったら、ここまでダレないかもしれないのに…(苦笑)

そんなことよりも、こおろぎ’73版の旋律を聴けるということで貴重な1曲です。普通では耳にできないソロも美味しいし、デンジマンのハモリなんかも聴けて良かった!
そして胡散臭い英語発音もツボ。「カマン!」とか「アメルィカ〜(アメリカ)」がスキ(笑)

歌/こおろぎ’73
メドレー 作曲/渡辺宙明 編曲/川上了
CH-114  (1982/10/21)

メドレー
「ゴーゴー・キカイダー」
「秘密戦隊ゴレンジャー」
「オー!!大鉄人ワンセブン」
「ジャッカー電撃隊」
「バトルフィーバーJ」
「ああ電子戦隊デンジマン」
「デンジマンにまかせろ」
「太陽戦隊サンバルカン」
「戦う仲間サンバルカン」
「大戦隊ゴーグルV」
「ストップ・ザ・バトル」
「蒸着せよ!ギャバン」
「宇宙刑事ギャバン」