キッズ・ポップ

グーチョキパーのうた

半年だけ放送されていたという、こども番組『グーチョキパー』の主題歌です。
番組オープニングでは田中星児さんが歌われていたのですが、コロムビア版レコード(CZ-7133)では、大倉さん歌唱で収録されています。
そのことを、LPレコードを買って、中のインデックスを開くまで知らなかったので、1曲目に大倉さんの名前を見つけたときは小躍りしてしまいました。久々のギャンブル買いによる大発見で、とっても目出度い(そして愛でたい)ので、大倉さん誕生日記念として投稿します。

大倉さんは伸びやか健全に歌われていて、正統派歌のお兄さんな雰囲気。キレの良い語尾と心地よいビブラートの伸ばしが適度に混じっているし、歌詞に合わせて戯けてみせるところもあったりして、なんだかとっても丁寧に研究された歌唱のように思えました。
「ブルートレイン出発進行」で大倉さんだけソロがなかったのは、この歌を一人で歌われたからだったのかもね?

そうそう、演奏に加わっているシンセドラムの存在感が大きいです。この音を聞いて、まさしく1981年だな〜と思ってしまいました。<アラレちゃんとか、ゴッドマーズを思い出さずにはいられない

『グーチョキパー』OPカバー
歌/大倉正丈、コロムビアゆりかご会
作詞/荒木とよひさ 作曲/森田公一 編曲/高田弘
(1981/9)

こぶたの家はじょうぶかな

おゆうぎ用の歌です。
こぶたの作った家を、オオカミがやってきて吹き飛ばすという設定で、そのオオカミの台詞を言っているのがこおろぎ’73。
もちろん、大活躍しているのは津島さんです。
3人時代の歌なので、「食べちゃうぞ〜」と言ってこぶたを怖がらせることができるのは津島さんしかいません。
津島さんの出す、ねちっこくってイヤラシイ悪役声は、こういうときめちゃくちゃ良い仕事をしますよね!

歌/岡崎裕美、こおろぎ’73
作詞/阿部直美 作曲/阿部直美
(1988)

さあさいっしょに

歌い出しは「かっこう」の♪静かな湖畔の♪に似てます。
大勢で手をつないで環になって、スキップのリズムでぐるぐる回りたくなる感じの歌。
こおろぎ’73中心の優しい歌声で、一緒に歌いましょうと誘われる歌詞になっているのですが、最後、「あ〜〜〜〜〜ぁ♪」は歌というより欠伸のような…。

こどもフォークダンス
歌/こおろぎ’73、コロムビアゆりかご会
作詞/不詳 フランス曲 編曲/若松正司
(1981/3)

誕生日の花束

6月15日は大倉さんの誕生日なので、この歌を歌ってお祝いしましょう!
大倉さん、はあ〜っぴ〜い〜ばぁ〜すでい〜♪ とぅーゆーとぅーーーゆ〜〜〜〜〜♪

童謡祭で披露された歌ですが、この歌詞からいくと、大人に贈る歌っぽいです。大倉さんの歌声によって増幅された愛情や感謝の気持ちとともに花を贈るというシチュエーション。
時代は昭和…いや、大正のハイカラな雰囲気に思えます。もし、カラオケにするなら、映像は藤村俊二さん主演でお願いしたいような、そういうイメージがわきました。

’92第15回童謡祭
歌/大倉正丈
作詞/野口家嗣 作曲/小川美征
COCG-10513/4 (1992/8)

ながぐつ

ちょっとおどけた歌ですが、なんだかオシャレに聞こえてくる大倉マジック。
3種類ある、ながぐつの音の歌詞を間違えてます。こういうのって、暗記して舞台にあがっても、歌っているうちに混乱してしまいそう。

’92第15回童謡祭
歌/大倉正丈
作詞/尾上尚子 作曲/佐藤亘弘
COCG-10513/4 (1992/8)