みんなのうた

デッカイトットマーチ

夢オチだったんですね。
明るい雰囲気は、こおろぎ’73ならではだと思います。楽しい歌を本当に楽しげに歌われるんですよねぇ…。
この歌に合わせて、釣り人の格好をした3人が、元気良く行進してゆく様が目に浮かびます。そういうビデオ、残ってないかなあ…(妄想ですから)
入れ食いの「ぅわお〜」で、あまり嬉しそうじゃない人がいるのは何故?(笑) とんでもなくグロい物が釣れたとか?

歌/こおろぎ’73
作詞/中林淳真 作曲/中林淳真 編曲/小森昭宏
オリジナル=デューク・エイセス
「みんなのうた」CMR-514 (1982/4)

「NHKみんなのうた ベスト28」 30CC-1002
「NHKみんなのうた 45周年ベスト曲集 〜赤鬼と青鬼のタンゴ/おもいでのアルバム」 COCX-33841

北風小僧の寒太郎

「かんたろぅ」や「ござんすぅ」の歌い方に、チョッピリ寒太郎の雰囲気がこめられているような気がします。
2番の泣いているような「ヒュウ〜ン ヒュウ〜ン♪」が、孤独な一人旅や、風に鳴る電線や、いろんな物を思い起こさせてくれてツボです。特に、2番の泣きの入った「かんたろぉ〜〜〜〜ぅ」という叫びの、最後の「ぅ」が悩ましい!
そして、「ん〜」の伸ばしにかかっているビブラートの、なんて柔らかいことよ…(惚)
1番、「今年も〜♪」の「も」の音が、いつも気になってしまいますが…、それもまた味があって良し(甘っ)

歌/大倉正丈、コロムビアゆりかご会
作詞/井出隆夫 作編曲/福田和禾子
オリジナル=堺正章、東京放送児童合唱団 (北島三郎、ひばり児童合唱団)
「みんなのうた」CW-7074 (1976/7)

「NHKみんなのうたベスト」 COCX-30441
「こどものうた大入り袋!」 COCX-33003〜6
「月刊CD 心をはぐくむ 音とあそびの玉手箱 1月号」 COCE-33113
「NHKみんなのうた 45周年ベスト曲集 〜北風小僧の寒太郎/山口さんちのツトム君」 COCX-33840

オナカの大きな王子さま

少し憂いを感じるような歌声で、しっとり丁寧に歌われていると思います。
メルヘンチックな歌詞とは裏腹に、なんとなく うすら寒い雰囲気にも思えてしまいますが、元々、岸辺シローさんのオリジナルが そんな響きなので、それを追求されたのかなと思ったり…。
熱唱系の大倉さんも良いですが、こういう語り口調で歌われる歌も気持ちが安らいで良いですね。
私にとっては この歌詞は、ある意味ダイエットソングです。せっかくの癒し系ソングなのに〜。

歌/大倉正丈
作詞/小椋佳 作曲/小椋佳 編曲/越部信義
オリジナル=川津恒一(岸部シロー)
「みんなのうた」CW-7074 (1976/7)

「年齢別どうよう 2〜4歳向き」 COCX-30453/4
「NHKみんなのうた 45周年ベスト曲集 〜北風小僧の寒太郎/山口さんちのツトム君」 COCX-33840

わたしの紙風船

正統派バック・コーラスを聴かせてくれる歌だと思います。サビから入ってくる こおろぎ’73の声の響きの美しいこと! 癒してくれて元気もくれるような歌声です。
パンポロリンのパートナー、山田美也子さんとのコンビネーションもバッチリ!?

歌/山田美也子、こおろぎ’73
作詞/嶋岡晨 作編曲/越部信義
オリジナル 赤い鳥 (紙ふうせん)
「みんなのうた」CW-7074 (1976/7)

「NHKみんなのうた 45周年ベスト曲集 〜北風小僧の寒太郎/山口さんちのツトム君」 COCX-33840

スシ食いねェ!

いや〜、活きがいいですねー! テンポの加減もあってかミョーに力が入っていて、そのおかげで必要以上にムサさ全開? でも、こういうムサさは平気です。「んも〜、また大倉さんったら力入っちゃって…」と、微笑ましくさえあります。<名指しするなー
メロディーに乗って歌っているところでは、アイドルの雰囲気を醸し出しているように思えるのは贔屓耳? この3人組、声だけだったら、そんじょそこらのアイドルよりも、もっとアイドルっぽいと思います。若さ、爽やかさ、可愛らしさいっぱいの歌声でもって「キスあげるから」だなんて、なんて罪作りなんでしょう! その気になっても、その後の「あ、ガリ」が おとぼけな声なので、はぐらかされた感アリアリですが。
他会社から出ている歌と違って、スシ賛美の歌詞が一部カットされてますね。何故?(ま、いいんだけど、歌が短くなるという点では残念)

歌/こおろぎ’73
作詞/S.I.S、岡田富美子 作曲/TZ 編曲/高田弘
オリジナル=シブがき隊
「みんなのうた」 CMR-704 (1986/3/21)

「NHKみんなのうた 45周年ベスト曲集 〜メトロポリタン美術館/スシ食いねェ!」 COCX-33842