Month: 3月 2002

愛をとりもどせ!!

カバー版です。キーが低くなってますね。
こんな歌い方をする大倉さんの歌は初めて聴きました。なりきってます。特に、「邪魔するや゛ーつは」のところが強烈インパクト!
オリジナル通りに歌われる姿勢は、とっても素晴らしいし、忠実に再現されているなあとも思うのですが…、あの甘い歌声の大倉さんが、咽いがらせてガラガラ歌っているのは、心構え無しで聴いてしまうと、かなりショックですよ〜(倒)

『北斗の拳』OPカバー
歌/大倉正丈、Cha Cha
作詞/中村公晴 作曲/山下三智夫 編曲/山下三智夫、飛澤宏元
CTY-528 (1985/6/21)

んちゃんちゃソング

私は、どうやら台詞物に弱く、こういうのが大好きみたいです(笑) ああ、思い出したら聴きたくなってしまう…。すっかり、童心に戻ってます。私とも一緒に遊んでちょ! って感じです。
「むぉむぉたろぉ」や、パンポート効果ばっちりの宇宙人にクラクラ…。
5番で、4人が「遊びましょう」と誘いに来るところを、すかさず全員かっさらいたいですねえ…。

『Dr.スランプアラレちゃん』挿入歌
歌/小山茉美、こおろぎ’73
作詞/鳥山明 作曲/菊池俊輔 編曲/たかしまあきひこ
「アラレちゃんのうたがいっぱい めちゃんこワールド」CZ-7119 (1981/7)

ワイワイワールド

こおろぎ’73の出番は、サビの部分だけです。仲間がみんな集まってきて賑やかになった感じ。こおろぎ’73って、どのメンバーも、みなさんワクワク感を湛えた声をされているので、こういう賑やかし型の参加をされると、歌が数倍楽しくなるような気がします。
昔は「み〜んな集まれ…」の部分からはキャラクターの皆さんが一緒に歌っているのだと、ぼんやり思っていました。そういうイメージだったんです。以前にタロサの声だと思っていたのは…さとさんでした(わ〜ゴメンナサイ)今なら分かります。全然違います。

「イッシッシッシ」…思わず、皆さんがケンケンのような顔をして歌っているところを想像してしまいました。TVサイズの方が、よりケンケン風。
ただし、このCD収録版TVサイズには、SEは入っていません。「んちゃ〜!」も。

『Dr.スランプアラレちゃん』OP
歌/水森亜土、こおろぎ’73
作詞/河岸亜砂 作曲/菊池俊輔 編曲/たかしまあきひこ
「テレビまんがベスト・コレクション・シリーズ31」CE-3045 (1981/2)
CK-602 (1981/4)

白雪姫のりんご

このキャストで「白雪姫」とくれば、大倉さんは王子様でしょう!
でも違ってました。パパでした。
最後に「パパはやっぱり私の王子様ね」とオチがついて、めでたしめでたし。
「毒りんごをつくろう」の歌で、低くキーコントロールされた”ワオワオ”の声は大倉さんなのでしょうか…???

おはなしミュージカル
出演/谷絵利香(どんぐりコール)、大倉正丈、森の木児童合唱団
構成・作詞/夢葉子 作曲/こさかあきこ 編曲/松下一也
(1990/9)
「’96学芸会・おゆうぎ会用CD おはなしミュージカル 見習い魔女の冒険 オーロラ姫のお城」 COCG-5250

気分はすっかり白雪姫
ぼくらは七人子供組
白雪姫
Hi! こんにちは
毒リンゴをつくろう
いつか逢える私の王子様
リンリンリンリンゴ

夢のキョンシーちゃん

トラとヘビがおそってくるゾ
爪や牙を研ぎ、舌なめずりして笑ってそうな雰囲気です。それにつられて、餃子や炒飯を食べたいと思ってしまいました。

エンマ大王と鬼だ!
この歌と台詞は津島さん。エンマ大王っぷりが素敵なのです! 子どもが演じるとなると、とてもこの味は出せないでしょう。

しあわせジャンプ
大団円で、みんな一緒にキョンシー・ジャンプをして踊るんです。ィヤッホーッ!

学芸会用
出演/こおろぎ’73、林幸生、森の木児童合唱団
作詞/久島一仁 作編曲/小森昭宏
(1989)
「’96学芸会・おゆうぎ会用CD おはなしミュージカル 見習い魔女の冒険 オーロラ姫のお城」 COCG-5250

前奏〜キョンシー踊り
イヤダ・イヤダの歌 (林幸生)
ここ掘れキョンシー! (森の木児童合唱団)
ザクザク金貨の歌 (森の木児童合唱団)
”何でも買っちゃう!”の歌 (森の木児童合唱団)
イイゾ・イイゾの歌 (森の木児童合唱団)
キョンシーにしてあげる (森の木児童合唱団)
トラとヘビがおそってくるゾ (大倉正丈、上野博樹)
エンマ大王と鬼だ! (津島隆文)
しあわせジャンプ (こおろぎ’73、森の木児童合唱団)