Month: 11月 2002

燃えろ青春

何故だか嬉しくなってしまう、EPのA面曲です。
聴くまでは、コーラスと混ざり合って 誰が誰の声だか分からないような歌だったら寂しいなあと思っていましたが、杞憂でした。おろぎ’73の歌声が前面に出ています。
ユニゾンでは力強く、ソロでは軽く70年代の青春をしている感じ(?)
全体的にはマーチで、こおろぎ’73は行進しているような雰囲気なんですけど、大倉さんだけ一人でスキップしてませんか? 絶対している。でも、かわいいので良し(え)

『アローエンブレム グランプリの鷹』挿入歌
歌/こおろぎ’73、若羽会コーラス
作詞/保富康午 作曲/宮川泰 編曲/武市昌久
SCS-400 (1978/2)

いたずラッコサンバ

間奏で、こおろぎ’73の3人がいろいろ叫んでいます。すっかりお馴染みの声とノリですが、いつもにも増して、妙なテンションがあるような気がしました。
「サンバ サンバ サンバ〜〜ッ」…聞いていて赤面。
初めて聴いたのが、どんより曇った日だったせいか、不覚にも付いていけませんでした。でも、陰鬱な気分は一掃!

歌/山野さと子、こおろぎ’73、コロムビアゆりかご会
作詞/佐藤ありす 作曲/小林亜星 編曲/いちひさし
(1985)

「’97運動会用CD〜世界がいっぱい!」 COCG-5259

クライムのテーマ

この物騒な英単語で呪いまくっているアイアンクローは、岸さんだと思います。言葉や音楽の雰囲気はとても怪しいですが、声そのものは、どこか暖かみを残しています。低い声=悪役声という設定には無理がありそうです。
作詞者は不詳になっていますが、録音時に話し合って決めたというようなことがライナーノーツに書かれてあるので、半分以上、岸さんが考えたような気がしないでもありません。
ただ、御本人の覚えは全く無いそうなんですが…(謎)

『ジャッカー電撃隊』挿入歌
歌/アイアンクロー、ザ・チャープス
作詞/不詳 作編曲/渡辺宙明
「ジャッカー電撃隊 ヒット曲集」CW-7139 (1977/7/25)

行け!スカイエース

バック・コーラスです。ソロではメンバーそれぞれの声質は違って聞こえても、コーラスになると妙に似ていると思いました。特に左側のふたり。
「デュッデュッ デュッ」の短い音でハモっているところ、きれいですね。「火の〜鳥よ〜〜」の部分の高めのハーモニーも好きです。

『ジャッカー電撃隊』挿入歌
歌/ささきいさお、こおろぎ’73
作詞/八手三郎 作編曲/渡辺宙明
「ジャッカー電撃隊 ヒット曲集」CW-7139 (1977/7/25)

ジャッカーコバック

「見よ!!ゴレンジャー」よりも強烈な歌があったとは…。いや、これは歌なんですか? 「見よ〜」はカラオケと共に歌えましたが、こっちは歌い続けるのもちょっと難しいような気が…(笑)
ザ・チャープスがかっこいい。そのザ・チャープスと一緒に、ひとりだけ「ルルルル〜ル〜」と歌っているのはどなた?

『ジャッカー電撃隊』挿入歌
歌/ささきいさお、こおろぎ’73、ザ・チャープス
作詞/石ノ森章太郎 作編曲/渡辺宙明
「ジャッカー電撃隊 ヒット曲集」CW-7139 (1977/7/25)