Month: 1月 2003

わらの中の七面鳥

メンバー紹介にいい歌なんじゃないかと思うんですが、どうでしょう?
陽気な さとさん、おすまし大倉さん、おどけた津島さん、とぼけた上野さん…って感じがしました。
さとさんの「できるんだぁ〜」という、笑いを含んだような歌声にニヤリとしてしまいます。
大倉さんの「sky〜」に惚れ惚れ。それまでが音を短く切り気味だったので、余計にココの伸ばしが印象的なのです。
津島さんのところでメロディーに変化がついて、同じ繰り返しで単調になってしまうのを防げてますね。
そして上野さんのキャラクターといったら…! 「はいっはいっはいっ」で笑ってしまうのは思うツボなんでしょうか(笑)
最後、どんどん速くなっていきますが、歌っている さとさんは余裕あるような気がします。反対に、手拍子は限界が来てますよね。(でも、きっちり裏拍をとっている方も発見)

民謡
歌/こおろぎ’73、森の木児童合唱団
訳詞/笠原てい子 編曲/久石譲
「それゆけ!ドナルド!!」 CZ-5024-DR (1982)

ワドリン・ダック

冒頭の上野さんの台詞…真似したくてたまりません。でも、この味を出すのは難しい…(汗)言っていると、だんだんアヒル顔になっていくような気がします。
ソロの大倉さん、窒素を吸ったような声になってますが、それでも大倉さんだとすぐ分かる歌いっぷりです。
津島さんは、ドナルドにそっくりです。これはもう、特技と言っていいかもしれません。「やるもんだ!」

歌/こおろぎ’73、森の木児童合唱団
訳詞/笠原てい子 作曲/Phil Baron 編曲/久石譲
「それゆけ!ドナルド!!」 CZ-5024-DR (1982)

うし蛙のハリス

さとさん…、一杯飲んで歌ってます?(まさかねぇ…)
ハリスが飲むのはワインですが、さとさんには一升瓶が似合いそうな気がしました。こんな明るい酔い方をしてみたいですねえ。「リビリビ」を「グビグビ」だと思っていました。

歌/こおろぎ’73、森の木児童合唱団
訳詞/笠原てい子 作曲/Larry Groce 編曲/久石譲
「それゆけ!ドナルド!!」 CZ-5024-DR (1982)

父さんのひげ

ノリにのって、最後まで一気に歌いきってしまえる歌です。
1番から3番までの間に、徐々にコーラスのパートが増えていきます。キーも上がるし、それにつれて、テンションもあがっていってるような気が…(笑)

民謡
歌/こおろぎ’73、森の木児童合唱団
訳詞/笠原てい子 編曲/久石譲
「それゆけ!ドナルド!!」 CZ-5024-DR (1982)

それゆけ!ドナルド!!

冒頭の大倉さんの”ときの声”で、いきなりテンションがあがります。
ぃーやっほ〜ぅ!!
大倉さんソロで、こんなにおどけて歌う歌というのは、あまり聴けないような気がしました。(…そうでもないか)
上野さん、「これからドーナルド?」だって(笑)
こおろぎ’73って、賑やかでドタバタな雰囲気を出すのが、ホント上手いですよねぇ。最後までドタバタしながら消えていきます。

歌/こおろぎ’73、森の木児童合唱団
訳詞/笠原てい子 作曲/Ryan Wagenschutz 編曲/久石譲
「それゆけ!ドナルド!!」 CZ-5024-DR (1982)