Month: 3月 2004

おしゃれなおたまじゃくし

おたまじゃくしたちがウサギの洋服屋さんに服を注文し、ウサギが作っている間に成長していくのです。その度に、体に合わせて服を仕立てなおしてもらっているうちに、ついにはカエルになるというお話。
作ったことのない”おたま”の服を苦心して作ったというのに、脚が出てきて着られないとクレームが付くのです。急いで作り変えたというのに、今度は手も出てきちゃったと言われるのです。さらには、カエルになっちゃったんだと…。
いや〜、さとウサギさんがブチ切れて巻き舌で「てめぇ〜ら、いい加減にしやがれ!」と怒鳴るんじゃないかとハラハラしました。<そんな話じゃありません
まじめな洋服屋さんをからかってはいけません。<そういう話でもありませんってば
最近は、おたまがカエルになることを知らない子がいるんだそうです。ぜひぜひ、幼稚園で、家庭で、このオペレッタを歌って踊り、カエルの変態について学びましょう!

オペレッタ
歌/さとまさのり、森の木児童合唱団
脚本・作曲/阿部直美 編曲/越部信義
おたまじゃくし=森の木児童合唱団
うさぎ=さとまさのり
「とんでけとんでけわがままむし」メイト CQS-10821〜3

オープニング
M1. はやくつくってねの歌 (森の木児童合唱団)
M2. おーい できたよの歌 (さとまさのり)
M3. ハサミチョキチョキの歌 (さとまさのり)
M4. ケロケロケロッポの歌 (森の木児童合唱団)
フィナーレ

とんでけとんでけわがままむし

王様の唯一の欠点は、たまにワガママになってしまうこと。それに振り回された家来達が、ユニークな方法で王様を諌めます。
「こまったもんだなの歌」の口調がなんとなく とぼけていて、困った歌を歌うという状況を楽しんでいるようなのです(違) きっと王様は、家来たちのそんな様子に気づいていて、一緒に遊んでいる気分なんだわ、そうだわ(違うって)
しいて言えば、パタリロとタマネギ部隊のような関係なのでしょう(違いすぎるって)
だけどとうとう、コオロギ部隊たちは、オヤジギャグを思いついてしまうのです。王様のワガママにダジャレで対抗する家来たち…。
いろんなカケッコをして誤魔化して打ち首獄門にならなかったのは、王様の人間ができていたからです。めでたし、めでたし。

オペレッタ
歌/築地文夫、こおろぎ’73、森の木児童合唱団
脚本・作曲/阿部直美 編曲/たかしまあきひこ
王さま=築地文夫
水かけっこ=津島隆文
腰かけっこ=上野博樹
ブラシかけっこ=大倉正丈
声かけっこ=森の木児童合唱団
「とんでけとんでけわがままむし」メイト CQS-10821〜3

オープニング
M1. すてきな王様の歌 (こおろぎ’73、森の木児童合唱団)
M2. こまったもんだなの歌 (こおろぎ’73)
M3. ムズムズわがままむしの歌 (築地文夫)
M4. 狩りの曲
M5. 踊りの曲
M6. かけっこ宣言 (築地文夫)
M7. いいことひらめいたの歌 (こおろぎ’73)
M8. 準備体操の曲
M9. かけっこの曲
M10. かけっこ大会の歌 (全員)
M11. とんでけわがままむしの歌 (全員)
フィナーレ

てるてるぼうずいちまんこ

雨の日が続いてつまらないからと、子どもたちが1万個も てるてるぼうずを作ってしまうのです。全く雨が降らなくなって、小動物達が逃げ出すのを見た子どもたちは、慌てて雷雲を呼ぶのでした。
いきなり現れるロック調の雷様は津島さん。昔、イベントではドラムを叩かれていたこともあったとか? まさに嵐を呼ぶ男なのでした。
しかし、なんといっても、この歌のメインは上野さんなのです!! 日照で弱りきった小動物の歌は、想像通り上野さんのヘロヘロな歌声で表現されていて、こっちまで目が回ってしまうのです。もうそれだけで、手を叩いて喜んでしまうのに、最後に「ひくっ」って…! うわ〜い、ピクピクしているよ〜(笑)
振り付けでは、ここはカエルの格好ということになっていました。上野さんのカエルは天下一! だけど、最初に「ひくっ」を聴いたときは、ナメクジかデンデンムシかと思いました。<これも間違ってはいないと思うんだけど

オペレッタ
歌/こおろぎ’73、森の木児童合唱団
脚本・作曲/阿部直美 編曲/淡海悟郎
「とんでけとんでけわがままむし」メイト CQS-10821〜3

オープニング
M1. カミナリぐもの歌 (津島隆文)
M2. 子どもたちの歌 (森の木児童合唱団)
M3. ぜんぶでいくつの歌 (森の木児童合唱団)
M4. てるてるぼうずの歌 (森の木児童合唱団)
M5. 雨の日、晴れの日の歌 (森の木児童合唱団)
M6. 動物の歌 (こおろぎ’73)
フィナーレ

ULTRAMAN〜LOVE FOR CHILDREN

「ウルトラマン主題歌・挿入歌大全集 III」(COCX-32632〜4)には、大倉さん関連曲が1曲だけです。しかも、それを歌っているウルトラ合唱隊は29名もいます。これ1曲のために3枚組みを買うなんて馬鹿げているんですが、そうでもしないと、この歌が手に入らないのだから仕方ありません(涙)
これでもし、大倉さんの声が聞こえなければ大暴れするところでしたが…それは免れました(ホッ) 私が聞こえたと思っているのが、本当に大倉さんなのかどうかは謎ですが。
中央の塊の後ろ側…でもド真ん中というよりは左よりから聞こえてくるような気がしています。「ますか〜」とか「ほら〜」とか目立ってますよね? そしてハモリパートですよね、ね? (間違えていても、しばらくはそっとしておいてやってください。声が分からないとなるとショックで寝込むので)

ウルトラマン誕生25周年 特別企画チャリティーソング
歌/ウルトラ合唱隊
作詞/京本正樹 作曲/日野皓正/編曲 風戸慎介
(1991)
「ウルトラマン主題歌・挿入歌大全集 III」 COCX-32632〜4

※ウルトラ合唱隊=赤木優、アゴ勇、円城彩子、大倉正丈、風見しんご、久万里由香、黒部進、斎藤小百合、榊原るみ、佐原健二、高岸佐也子、円谷皐、毒蝮三太夫、中村あずさ、蜷川香子、橋本潮、橋爪淳、ひし美ゆり子、藤岡久美子、藤岡弘、堀江美都子、マリアン、真理アンヌ、水木一郎、宮内タカユキ、森次晃嗣、柳沢慎吾、山野さと子、隆大介

スカイ・ハイ・ヒーロー

1989年の歌なので、こおろぎ’73としては、かなり新しい部類(というより冬眠前の作品)に入る歌。実際、ウルトラマンの歌も様変わりしたな〜という感じがします。70年代が懐かしい(涙)
この歌はこれはこれでカッコいいんでしょうが、こおろぎ’73のバックコーラスを付けちゃうなんて贅沢な編曲だとも思いますが…、「時の中を〜」といい これといい、私には物足りないです。

映画『ウルトラマンUSA』ED
歌/石原慎一、こおろぎ’73
作詞/竜真知子 作曲/都倉俊一 編曲/風戸慎介
CC-8200 (1989/4/21)

「ULTRAMAN MOVIE THEME COLLECTION」 COCX-32033