Month: 11月 2004

はちべえさんとじゅうべえさん

4人時代の歌だったのですね〜。
こおろぎ’73の遊び歌が楽しいのは、子どもと一緒に遊んでいる雰囲気だからでなく、歌っている本人たちが遊んでいるように聞こえるからかもしれません。だって、ほら、なんだか4人だけで勝手に盛り上がってる〜(笑)

歌/こおろぎ’73
作詞/高田ひろお 作編曲/越部信義
(1981)

「月刊 日常保育・行事用音楽集 1月号」 COCE-32590

すてきな雪景色

本当は冬の歌なのだけど、クリスマスCDに収録されることが多い歌なので、これを聞くとクリスマス気分が盛り上がります。なんだか、クリスマス歌謡ショーのグラン・フィナーレという感じ。
きらびやかな衣裳をまとって、まばゆい電飾の中で子ども達と共に歌う こおろぎ’73の皆さん。間奏では踊ったりも…。そこには絶対に上野さんのタップを入れてほしい!(妄想)
歌唱アドヴァイスとして、大人っぽい歌詞にはこだわらず…なんてことを書いてますが、そうか、大人っぽかったのか…! 読むまで気付きませんでした。(まあ、愛がどうとか言ってはいますが…) だって、こおろぎ’73と森の木児童合唱団の雰囲気は、全然アダルトじゃなかったんだもの。

歌/こおろぎ’73、森の木児童合唱団
作詞/漣健司 作曲/バーナード 編曲/有澤孝紀

「みんなでたのしいクリスマス」 28CC-1110(1986/10/21)
「たのしいクリスマス Merry Christmas」 COCC-11998
「みんなでメリークリスマス」 COCX-30665
「月刊 日常保育・行事用音楽集 1月号」 COCE-32590

カルーチャ結成

ハモっているのは こおろぎ’73ですよね。
それにしても職人ですね。普通は個性がぶつかり合って 溶け合って弾けるような歌声なのに、バックコーラスという仕事となると、こんなにも透明で癖の無い ひとかたまりの歌声になるのですね。

漫画「ペリカンロード」イメージソング
歌/辻野リューベン、こおろぎ’73
作詞/浅野香 作編曲/宮城純子
原作/五十嵐浩一
イメージアルバム「ペリカンロード」 CX-7113 (1983/8)

「ペリカンロード [ANIMEX1200 シリーズ 148]」COCC-72228

放課後ライダー 〜憲一のテーマ〜

こおろぎ’73は風の役。
サビのハモリは、HARRY氏の自己ハモリ? ハモリが聞こえるような気がするのは気のせい? すいません、なんだかとっても聞こえにくくって…、謎。
「Oh!ファミリー」の歌でもそうでしたが、吹き渡る風をコーラスで表したいときは、是非こおろぎ’73にご用命を!という感じです。

漫画「ペリカンロード」イメージソング
歌/HARRY、こおろぎ’73
作詞/浅野香 作編曲/宮城純子
原作/五十嵐浩一
イメージアルバム「ペリカンロード」 CX-7113 (1983/8)

「ペリカンロード [ANIMEX1200 シリーズ 148]」COCC-72228

こぶたはどこさ

家のブタが逃げ出したにしては、嬉しそうに楽しそうに歌っている2人…。ネコ・ニワトリ・ザリガニ・ゴリラも逃げるのだけど、さとさんはザリガニが逃げたときが一番テンション低いです。

歌/さとまさのり、岡崎裕美
作詞/佐倉智子 作曲/おざわたつゆき 編曲/若松正司
「ふとりすぎですよサンタさん」CQS-10731(1984/7)