Month: 1月 2007

かぜひき時計

これまでに持っていた、津島さんの声のイメージを裏切るバス歌唱!(驚)いや、バリトンか…な。
聴き終わって頭に残るのは、その男らしい声の「べぇいびぃ〜」。この単語は、イメージそのまんまでした(え)
…そうか、時々脱力するのは、風邪を引いているからなんですね。なんだか、熱を出して真っ赤な顔をした津島さん…じゃなくて時計が、女の子にからんでいる図が思い浮かぶ歌です。今夜あたり夢に出てきそう(汗)

『バッテンロボ丸』挿入歌
歌/津島隆文
作詞/高田ひろお 作編曲/宇野誠一郎
「バッテンロボ丸 ベストヒット曲集」 CQ-7075 (1982/12/21)

「ロボットコメディ主題歌・挿入歌大全集」 COCX-34148〜50

知蘭みゅーじかる

結構SHINESが頑張っているので、こおろぎ’73の仕事っぷりを追いにくいんですが…、かなり壊れた歌唱ですよね? そこはかとなく「がんばれ!まーなーみー!」みたいな空気を感じてしまいました。
こういう大合唱物(といえるのかどうか?)では、間奏の奇声やラストのガヤでどう目立つかがミソのような気がします。

特撮『もりもりぼっくん』挿入歌
歌/市川勇、こおろぎ’73、SHINES
作詞/冬杜花代子 作曲/藤本敦夫 編曲/田中公平
「もりもりぼっくん 〜歌とお話〜」CAK-794 (1986/7/21)

「ロボットコメディ主題歌・挿入歌大全集」 COCX-34148〜50

栄光のもりもりぼっくん

右にも左にも こおろぎ’73が3人ずついます。でもって、左右で別パートを歌ってる部分もありますよね? 「もりもり…♪」と盛り上がっていくには効果的。
分身の術でパート数をカバーするというのは、この時代にチラホラみられる技のようです。なかなか、そこまで力を入れている歌というのは少ないのだけど(苦笑)

特撮『もりもりぼっくん』挿入歌
歌/坂本千夏、こおろぎ’73
作詞/浦沢義雄 作曲/藤本敦夫 編曲/田中公平
「もりもりぼっくん 〜歌とお話〜」CAK-794 (1986/7/21)

「ロボットコメディ主題歌・挿入歌大全集」 COCX-34148〜50

ワンチャカマーチ

なんだか、元気良く子ども達が騒いでるような歌ですね(笑)
「グルルンルン♪」の響きが楽しそう。
細かいことを言うと、最後の「バッテ〜〜〜〜〜〜〜〜ンテン♪」で、伸ばしの「テン」の間にブレスをとってほしくなかったです。
バックでは、ちっちゃい こおろぎ’73達が高い声で「ワンチャカ」と言ってます(違)そこらへんに一番 こおろぎ’73ソングらしさを感じてしまうのは、何か間違ってるでしょうか…。

『バッテンロボ丸』挿入歌
歌/こおろぎ’73、コロムビアゆりかご会
作詞/石ノ森章太郎 作曲/風戸慎介 編曲/いちひさし
「バッテンロボ丸 ベストヒット曲集」 CQ-7075 (1982/12/21)

「ロボットコメディ主題歌・挿入歌大全集」 COCX-34148〜50

8ちゃん音頭

思いもよらず、とても豪華な音頭だったように思います。
お馴染みの賑やかな合いの手が入っていますが、賑やかなだけでなく、引くところは引いていて、その力の抜き具合がラブリー!(笑) この愛らしさは、上野さんと さとさん効果ですね。今風に言えば「キモカワイイ」とでも言うのでしょうか(失礼)
さらに、ハーモニーまで入っていて、あの手この手で楽しませてくれます。

『ロボット8ちゃん』挿入歌
歌/松岡洋子、こおろぎ’73
作詞/浦沢義雄 作曲/小林亜星 編曲/筒井広志
CK-658(1982/6/1)

「ロボットコメディ主題歌・挿入歌大全集」 COCX-34148〜50