Month: 7月 2007

ありんこみこし

歌はユニゾンと呼びかけで進んでいきます。
特に奇声をあげるわけでもなく、みんな一緒に共同作業だワッショイワショイ…という感じ。

歌/こおろぎ’73、コロムビアゆりかご会
作詞/山上武夫 作曲/若月明人
EK-697 (1981/4)

まんまるタマラくん

タマラとは、タマランドラという怪獣らしいです。
セリフ部分を津島さんが歌っています。1番は怒っているらしいのだけど、拗ねて泣いているように聞こえなくもないような…。声のとおり、人の良さが滲み出ている怪獣なのでした。

歌/こおろぎ’73、森の木児童合唱団
作詞/荒川稔久 作編曲/小森昭宏
(1988/4)

がんばりなサイくん

私が聴いたのは動物の鳴き声入りで童謡として発売された方なので、サイの声が入っているのです。サイって、かん高い声をしているんですねえ。サビで加わる こおろぎ’73の声が、優しくて良いのだけど、このサイの声が、柔らかい歌の雰囲気をブチ壊しているような…。
最後の「がんばりなさーい」という、こおろぎ’73からのエールが嬉しいです。

TBS『わくわく動物ソング』
歌/大杉久美子、こおろぎ ’73
作詞/森優太
作曲/小林亜星
編曲/武市昌久
(1985)

ボクはお猿の機関士で

3番=さとさん …トラ&カバ
6番=上野さん …キリン (大臣を外人だと思ってました)
7番=津島さん …ラクダ&カンガルー
8番=大倉さん …金魚

こおろぎ’73全員ソロがもらえるなんて、なんて豪華な歌なんでしょう。しかも、歌の合間の奇声は こおろぎ’73のみ。<…と書いたけれど、水木さんも合いの手入れてる?
上野さんソロの前にあるカエルのような奇声は、あれで良いのでしょうか? 失敗じゃないの?
全てのソロは中央から聞こえてくるのに、さとさんのときだけ「うちの父ちゃん」から急に左へ移動しております。なんでやねん(苦笑)
大倉さんの「ちょうだいな ヘーーーイッ」のテンションにビックリ。

歌/水木一郎、ささきいさお、堀江美都子、大杉久美子、かおりくみこ、こおろぎ’73
作詞/丘灯至夫 作曲/三木鶏郎 編曲/坂下滉
「ねこふんじゃった〜こどもの歌アルバム」CS-7132 (1979/9)

雑木林に月が出た

ムサくるしい合いの手で始まります。
湿った墓場の土の下から聞こえてくるような、ブキミなコーラスに思えるのは、キーが低いからでしょうか。
こおろぎ’73とは関係ないけれど、歌詞の中に「ネッキリ」の出てくるのがお気に入り。なかなか、そんな歌って無いと思う…。

歌/二代目コロムビア・ローズ、こおろぎ’73
作詞/丘灯至夫 作曲/原六朗 編曲/坂下滉
「ねこふんじゃった〜こどもの歌アルバム」CS-7132 (1979/9)