雪になりたい

大倉さんがソロで歌いあげる純粋なラブ・ソングです。消えてしまう雪になってでもいいというあたりが、叶わぬ片思いであることと同時に「僕」の命の短さまで表しているようで切なさが漂います。
他メンバーは間奏と後奏でハミング&ハーモニーをしているだけですが、温かい歌声が「僕」を慰めているようでもあり、見守っているようでもあり。冷たいはずの雪が舞う歌を、なんとも優しく包み込んでいるのでありました。

歌/こおろぎ’73
作詞/甲山政弘 作編曲/渡辺宙明
CH-41 (1977/2)

※詩集「長い道」(著/甲山政弘)より