聖者が町にやってくる

こおろぎ’73は半分すぎたあたりで、ようやく伴奏として登場します。この、くわえてハミングして鳴らす楽器はカズー? 一応、楽器を使っているので、これは演奏といってもいいですよね。こおろぎ’73の演奏が聴ける曲は珍しいと思います。それにしても、音に変えられた声でも、やっぱり津島さんが一番低いんですね。
その後、残り1/3ぐらいになって ようやく歌詞を歌い始める こおろぎ’73は、なにやら一音一音、妙に力入ってますね。
ラストは裏打ちで手拍子も入り、「あ〜あ〜♪」と歌い上げて盛り上がります。でも、いまいち全員ノリきれてないように感じてしまうのは、歌手も演奏者もスウィングしようとしているのに、メロディーラインが、き真面目に4ビートなせいでしょうか。

歌/こおろぎ’73、森の木児童合唱団
作詞/小林幹冶 アメリカ民謡 編曲/たかしまあきひこ
「みんなでたのしいクリスマス」 28CC-1110(1986/10/21)