江崎グリコ 知床しぶき

笑っちゃうぐらい短いです。おかげで最後まで試聴できます。聴いたことのない方は、とにかく一度試聴するべし。

この「知床しぶき」の「パパパパパパ ぱぁ♪」には、短いながらも みっちりと こおろぎ’73が凝縮されていました。こおろぎ’73でしかあり得ない響きに期待感を煽られます。
曲自体が短すぎて発展しなかったけど。
もし30秒ヴァージョンだったなら、もっと目立つ場面があったかしら?と妄想せずにはいられません。

ところで私は、こおろぎ’73を「バックコーラス・グループ」と呼ぶことには抵抗があります。それは彼らの一面だけしか表していないからです。
4人いるからハモることの方が多いし、バックコーラスとして参加している主題歌が多いので、それが印象に残りやすくもあるのだけれど、ソロも演技もバンドもダンスもコントも なんでもやってしまう こおろぎ’73を、バックコーラスという一つのジャンルに押し込めて表現してしまうのはもったいないように思います。メインボーカルよりも目立ってしまいそうな、良くも悪くも脇役に徹しきれない個性と自己主張が、こおろぎ’73の魅力のひとつです。4人のキャラクターと歌声が弾けてこそ、こおろぎ’73の楽しさが充分発揮されるように思います。
そういうわけで、自分が こおろぎ’73の歌を聴くときには、いかに こおろぎ’73らしさが出ているかというところを最重要ポイントとして聴いてしまいます。今回の「知床しぶき」は、こおろぎ’73らしさ二重丸でした。こういう聴き方をしているから、余計に「バックコーラス・グループ」とすることに違和感があるのかもしれませんね。

 

江崎グリコ 知床しぶきCM曲
「江崎グリコ 知床しぶき」
歌/前川清、こおろぎ’73
作詞/? 作編曲/はやしこば
(1981)


はやし・こば CM WORKS 」 ウルトラ・ヴァイヴ CDSOL-1421