和田昭治

東京都出身。明治大学商学部卒業後、鉄鋼会社に就職するが、朝鮮戦争のアオリで会社が倒産。その後、趣味であった音楽の世界に入る。アレンジや作曲は独学。
その直後にデューク・エイセスを結成。リーダーとしてグループの育成・指導したのを始め、ブルー・コメッツ、シャデラックス、ワンダース、スリー・ファンキーズなどを指導、多くの歌手を世に送ってきた。
各民放の音楽番組において、作曲・編曲などを担当。NHKの番組『ステージ101』では、音楽監督・歌唱指導・作曲を手がけ、「ワンツーおじさん」という愛称でレギュラー出演もしていた。
その後は、東京都内でヴォイス・トレーナー、カルチャースクール講師、歌唱指導、プロの育成等、行っていた。
(参照:『グラフNHK』など)

<和田昭治 作編曲のこおろぎ’73歌唱曲>

タイトル 歌手 作詞 備考
花咲じいさん こおろぎ’73 クロード・ダン
酒井睦雄
サントリーレッド CM
ホッホの人生 こおろぎ’73 クロード・ダン 朝日生命CM
道草の歌 こおろぎ’73 未レコーディング
それゆけバンバン こおろぎ’73 片岡輝 「あそびましょパンポロリン」ED
飛びたいタマゴ こおろぎ’73 クロード・ダン 「あそびましょパンポロリン」
ちびっこボンバン 山田美也子
こおろぎ’73
コロムビアゆりかご会
若林一郎 「とべとべパンポロリン」ED

 

『ステージ101』でヤング101として活躍していた津島さん、岸さん、まきさんを組ませ、そこに、まきさんと一緒にフォーク・デュオ「オレと水車」として活動していた さとさんを誘って こおろぎ’73を結成させたのは、当時、ヤング101の歌唱指導をしていた和田昭治先生でした。この時点では、こおろぎ’73は、CMソング「花咲じいさん」のレコード発売と、その宣伝活動のためだけに期間限定で組まれたグループでした。
その後、幼児番組への出演が決まった際に、まきさんが『ステージ101』出演の方を選んで抜け、代わりに、和田先生の生徒であった大倉さんが こおろぎ’73に加入することになりました。
(Special thanks : さとまさのり様)