さかながはねて

上野さんの「おたふく〜」が好きです。あの雰囲気は、字では表現できません。
それから、「かたこり〜」という一言を聞くたびに背筋がゾッとします。理由は不明。背後からソッと忍び寄られ、いきなり肩に触られたような、そんな鳥肌の立つ気分になってしまうんです。不思議だ…。
「猪木っ」というのが、ちょっと気になります。他に単語はなかったんでしょうか(苦笑)
津島さんの「ピョン」は高い場所から飛び降りているようなイメージ。上野さんの「ピョン」は小動物が飛び跳ねているような、かわいい感じ。大倉さんの「ピョン」は一番勢いと粘り気があって、飛び跳ねるというよりも上に向かってビヨーンと伸びているような気がしないでもありません。ゆりかご会の「ピョン」は、おゆうぎ会のウサギさんという感じかな…。
こおろぎ’73以上に「うわ〜い」が似合う男性歌手っていないだろうなぁ…と、しみじみ思います。

歌/こおろぎ’73、コロムビアゆりかご会
作詞/中川ひろたか 作詞/中川ひろたか 編曲/小森昭宏
(1985)

「こおろぎ’73の たのしいあそびうた」CPY-145 (1986/6/21)
振り付け/こおろぎ’73
「ベスト・セレクション for kids」 COCC-13798
「きみたち今日からともだちだ」 COCX-32161
「CDツイン 親子であそびうた」 COCX-32573〜4
「月刊 日常保育・行事用音楽集 7月号」 COCE-32584